都七福神めぐり 萬福寺

京都市内から電車で20分ほど、黄檗駅下車、徒歩5分強にある中国風の禅寺です。開祖は日本にインゲン豆をもたらしたことでも有名な中国の僧、隠元隆隆琦(いんげんりゅうき)です。 萬福寺は、「布袋尊」を祀っています。布袋様は中国の僧侶が元になっていると伝えられています。吉凶の判断にすぐれ、未来を予知する才に長けていました。恰幅の良い大きなおなかが印象的ですよね。袋を担ぎ、物乞いをし、貰ったものを袋の中…

続きを読む

都七福神めぐり 赤山禅院

「福禄寿神」を祀る赤山禅院。 元は中国の神を人格化したものです。延寿や健康のご利益をもたらす、長寿の神様と言われています。888年、天台座主安慧(あんね)が、師の円仁の遺命によって創建した天台宗の寺院です。本尊の赤山明神は、円仁が中国の赤山にある泰山府君(たいざんふくん)、陰明道祖神を勧請したもので天台の守護神です。 後水尾上皇がすぐ近くの修学院離宮御幸の時に上皇より社殿の修築及び、赤山大明…

続きを読む

都七福神めぐり 松ヶ崎大黒天(妙円寺)

松ヶ崎大黒天(妙円寺)は、日英上人を開基とする日蓮宗のお寺です。  本尊の大黒天は最澄の作で、日蓮聖人が開眼したものといわれている由緒あるものです。 このお寺は京都の表鬼門に位置することから、昔から福運を授ける神と信じられています。昭和44年の火災の際にも無事で「火中の大黒さま」と呼ばれています。  背後の山では毎年8月16日五山の送り火の行事として「妙法」二字の送り火…

続きを読む

都七福神めぐり 革堂(行願寺)

「寿老神」を祀る革堂(行願寺) 寿老人は福禄寿と同様、中国の仙人が元のお姿です。寿老神は鹿を連れた姿として描かれる事もあります。鹿の肉を食べた人間は長生きすると言われたことから人の寿命を支配する神とも伝えられています。 行願寺(ぎょうがんじ)は、天台宗の寺院で、西国三十三ケ所観音霊場の第十九番の札所としても有名です。  行願寺は1004年、行円(ぎょうえん)によって、一条小川に創…

続きを読む

都七福神めぐり 恵美須神社

「ゑびす神」を祀る恵美須神社。 漁業や交通安全、商売繁盛の守護神であるゑびす様。右手に釣竿、左手に鯛を抱えた姿はまさに海から来た神の姿です。日本は海に囲まれているので神は海から来るものとも伝えられてきました。 七福神の中では唯一の日本古来の神様です。 恵比須神社は、事代主神(ことしろぬしのかみ)、少彦名神、大国主神を祀っています。  1191年、臨済宗の祖、栄西(ようさい)禅師…

続きを読む

都七福神めぐり 六波羅蜜寺

「弁財天」を祀る六波羅蜜寺は七福神の中で唯一女性の神(女神)です。手には琵琶を持ち美や音楽のご利益があるとされています。もとはインドの神で、水を神格化したものだと伝えられています。河の流れる音から言葉や音楽のご利益へと繋がっていきました。河の破壊力を神格化した事から戦闘の神とも言われています。 六波羅蜜寺は963年、空也上人が開いた真言宗智山派の寺院で、西国三十三ヵ所第17番札所。 本堂(重…

続きを読む

京の初詣「おもしろい京都案内」新春特別号

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────新春特別号 あけましておめでとうございます。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、今年もよろしくお願いします。 元旦なので昨年の1月に配信させて頂きました京都の初詣スポッ…

続きを読む

京都人の年末年始は大忙し

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――― おもしろい京都案内 ―――――――――――――――――――――――――――――第67号 こんにちは、発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、よろしくお願いします。 いよいよ今年最後の配信となりました。 まぐまぐ大賞受賞に対して皆様から温かいお祝いのお言葉を頂…

続きを読む

北政所「ねね」は豊臣家滅亡を願った?

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――― おもしろい京都案内 ―――――――――――――――――――――――――――――第66号 こんにちは、発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、よろしくお願いします。 皆様にお知らせがござます。 この度弊誌「おもしろい京都案内」が今年のまぐまぐ大賞に選ばれま…

続きを読む

京都の師走の風物詩

☆★☆―――――――――――――――――――――――――――――――― おもしろい京都案内 ―――――――――――――――――――――――――――――第65号 こんにちは、発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、よろしくお願いします。 京都は、師走の行事が目白押しにやってきます。 今回は京都人なら見たことや聞いたことがあるような…

続きを読む