上賀茂神社 桜 雅な斎王桜は一見の価値あり!

京都を代表する世界文化遺産に指定されている上賀茂神社。自然あふれる開放的な境内は参拝者にもとても人気のある場所です。 上賀茂神社には、芝生の広場に大きな紅しだれ桜 「斎王桜」や 二の鳥居の隣には「風流桜」、朱塗りの楼門前に咲く八重桜「賀茂桜」など見所が多くあります。例年4月中旬くらいに見頃を迎えますが、シロシダレ「御所桜」は早咲きで4月上旬に開花し始めます。 出典:京都フリー写真…

続きを読む

半木(なからぎ)の道 京都人の憩いの場所

京都府立植物園の西側、北大路橋から北山橋までの賀茂川土手沿いに約700mにわたり紅しだれ桜のトンネルが出来ます。この散策路は通称「半木の道」(なからぎのみち)と呼ばれています。半木の道の名の由来は洪水で鴨川の上流から流れて来た神社の木から「流れ木(ながれぎ)」転じて「半木(ながらぎ)」となったと伝わります。 出典:京都フリー写真素材 その木で創建した神社が京都府立植物園内に建つ半…

続きを読む