六波羅蜜寺

六波羅蜜寺は、951年に空也が創建した真言宗の寺院です。 境内はあまり大きくありませんが、口から小さな仏の像を出している姿で有名な康勝作「空也上人立像」や、「平清盛坐像」、など、貴重な仏像を常時拝観することが可能です。このような仏像を展示する宝物館は必見です。 六波羅蜜寺は十一面観音像を祀ることから西国三十三所観音霊場の16番札所であると同時に弁財天を祀ることから都七福神めぐ…

続きを読む

安井金比羅宮(縁切りの神様)

安井金比羅宮は縁を切って縁を結ぶ「縁」のパワースポットとして女性から人気の神社です。昔から縁切り・縁結びの祈願所として知られていて、祇園の花街の近所に位置するのもなんとなくうなずける気がします。 祭神の崇徳天皇は、流刑の地で一切の欲を断って参籠したことから悪縁を切る神様として信仰されています。そのため安井金比羅宮にお参りすると友人関係や恋愛関係だけでなく、病気・酒・賭け事など様々な悪縁…

続きを読む

恵比須神社

恵比須神社は、商売繁昌で有名なえびす様を祀る神社です。 1202年に栄西が京都で最初の禅寺・建仁寺を建立した際、境内鎮守社として最初に建てられました。祭神は「えびす様」の通称で有名な八重言代主大神、大国主大神、少彦名神。日本三大ゑびす(兵庫の西宮神社、大阪の今宮戎神社、京都の恵比須神社)の1つであり、「京のえべっさん」の名で親しまれています。 商売繁昌や出世、家内安全のご利益…

続きを読む

六波羅蜜寺

西国三十三箇所観音霊場第十七番札所の六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は、真言宗智山派に属し、空也上人開山で、本尊は十一面観音をお祀りしています。 空也上人は、村上天皇の命により、当時流行していた悪疫に対し念仏を唱え鎮めたと伝えられています。境内に平清盛塚が見られるので平家と繋がりが深かった事を示しています。このあたりはかつて平清盛が広大な邸を所有していた場所でもあります。 1月…

続きを読む