寂光院

寂光院は大原に位置する天台宗のお寺で、平清盛の娘で高倉天皇の皇后・建礼門院が隠棲した場所として知られています。本堂の北奥には建礼門院が隠棲していたと伝えられている御庵室(ごあんじつ)跡があります。寂光院は歴史が古く推古天皇の時代、594年に聖徳太子が父用明天皇の菩提を弔うために造った地蔵菩薩を本尊として祀ったのが創建の由来と伝わります。 寂光院を守るために聖徳太子の乳人(めのと)だった女性…

続きを読む

勝林院

大原にある勝林院は天台宗のお寺で、三千院の表門を右に見て食事処や土産屋が立ち並ぶ小道を北に少し奥に進んだ場所にあり、大きな本堂がどっしりと構えています。豊かな自然に囲まれた山寺で、近くにある来迎院と同じく天台声明の道場でした。 三千院の表門である御殿門前の道を北に進み、律川(りつせん)に架かる橋を渡った突き当たりに勝林院の大きな本堂が見えてきます。勝林院は延暦寺の別院で、来迎院、三千院、少…

続きを読む

来迎院

来迎院は、薬師如来・釈迦如来・弥陀如来の三尊をご本尊とする天台宗の古刹です。平安時代初期、円仁(えんにん)が声明(しょうみょう)の修練場として創建したのが始まりとされています。その後、衰退するも良忍によって再興されました。境内には、鐘楼や良忍の御廟である三重石塔などがあります。来迎院から約300m山へ向かって進むと、良忍が声明の修行中、滝の音と声明が重なり滝の音が聞こえなくなったと伝えられる音無…

続きを読む

三千院

三千院は、大原を代表する格式高い門跡寺院です。井上靖が「東洋の宝石箱」と称した有清園と聚碧園で知られ、特に有清園は一面苔のじゅうたんが広がり、その上に立つ杉木立が独特の風情を感じさせる名庭です。 出典:京都フリー写真素材 四季折々の自然も魅力的で、春は桜やシャクナゲ、夏はアジサイや苔、秋は紅葉、冬は雪景色など、厳かな境内を多彩に彩ります。国宝の阿弥陀三尊像や、かわいらしいわらべ地…

続きを読む