熊野神社「京の熊野三山の一つ」

811年、修験道の祖・役小角(えんのおづぬ)の十世僧・日圓(にちえん)が、国家護持のために紀州熊野大神を勧請したことに由来します。1090年、聖護院は白河上皇の勅願によって創建されました。その後、平安末期後白河法皇は度々熊野詣に出向きましたが、当社も厚く信仰していたと伝わります。 応仁の乱で焼失後、1666年、聖護院宮道寛(どうかん)法親王が再興し、境域は鴨川に至る広大なものと言わ…

続きを読む

聖護院 本山修験宗の総本山

聖護院は東大路通りを挟んで京大病院の東側にあり、本山修験宗の総本山の門跡寺院です。本尊は不動明王です。明治5年の修験道廃止令発布後、一時天台寺門宗に属しましたが、昭和21年、本山修験宗として再び独立して現在に至ります。 後白河天皇の皇子・静恵法親王が入寺して住持を務めて以降、 門跡寺院として高い格式を誇り、明治まで37人の門主のうち、25代は皇室より、12代は摂家より門跡となりまし…

続きを読む

岡崎神社「東天王社」

岡崎神社は、八坂神社に祀られている三柱・素戔鳴尊(すさのをのみこと)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)・三女五男八柱御子神(やはしらのみこがみ)を祀る神社です。平安京遷都の際に、王城鎮護のため四方に建立された社の1つで、都の東にある事から東天王社(ひがしてんのうしゃ)と呼ばれています。 出典:京都フリー写真素材 1178年、中宮の御産の奉幣を賜った事から安産祈願の神として信仰…

続きを読む

平安神宮 京都観光ランキング9位

1895年、平安遷都1100年を記念し創建された平安神宮は、平安京最初の天皇・桓武天皇と京都最後の天皇・孝明天皇を祀っています。 社殿は、平安京の正庁・朝堂院(ちょうどういん)の8分の5の大きさの建物を再現しています。大極殿の前には、京都御所と同様に左近の桜と右近の橘が植えられています。 出典:京都フリー写真素材 出典:京都フリー写真素材 桜の名所とし…

続きを読む