怨霊都市京都の始まり

☆★☆───────────────────────────────
おもしろい京都案内
─────────────────────────────第92号

こんにちは。
発行人の英学(はなぶさ がく)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。

今日は京の都・平安京は「怨霊」によって造営された場所だったという話です。
京都は「怨霊都市」だと言われる所以を探ってみましょう。
恨みを残して非業の死を遂げた人の怨霊を鎮めるためにされていたこととはいったい何だったのか?
今回はその辺りに触れてみたいと思います。


「おもしろい京都案内」のバックナンバーはこちらのブログからどうぞ↓
http://gakuhanabusa1.seesaa.net


英語を独学で身につけたい方、海外に行かなくても英語を習得したい方はこちらをどうぞ!↓
メルマガ「毎朝一文!便利な英語表現」(8年以上平日毎日配信しています。)
英語そのものは毎日一文だけしか紹介していませんが、編集後記で色々と思いついたことを気ままに書いています。

ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。↓
■■■毎朝一文!便利な英語表現■■■
http://www.mag2.com/m/0000268046.html


■■今日のテーマ■■

怨霊都市京都の始まり
______________________________

桓武天皇はなぜ平安京へ遷都したのか?

桓武天皇は、奈良時代まで続いた天武天皇の血統を絶って即位した革命的な天皇です。
天武天皇の子孫たちが築いてきた奈良の平城京から飛び出し、新しい都を造ろうとしたのはこのためです。
桓武天皇は何から何までこれまでのしがらみを断ち切り一度リセットさせたかったのです。

奈良時代後半は、ある意味政治が仏教に振り回された時代でした。
聖武天皇による東大寺の大仏建立の詔を発端に始まった大仏建立事業で民衆はよりいっそう貧困に苦しむことになりました。
称徳(しょうとく)天皇の時代には僧・道鏡(どうきょう)が天皇の位に就くことを企てるなど政局が大きく乱れました。
このような状況を目の当たりにしながら育った桓武天皇は、政治の世界から仏教を排除しようと考えるようになるのです。
しかし、奈良の平城京は仏教都市です。
同じ場所にいる限り政教分離はできません。
これが遷都を決断した大きな理由だったのです。

桓武天皇が即位してから3年後の784年に遷都を決定します。
この時に築かれた都は長岡京です。
しかし、長岡京の建設はすぐに頓挫してしまいます。
785年、造営の責任者だった藤原種継(たねつぐ)が暗殺されてしまう事件が起きました。
平城京では遷都に対する反対意見が強く、その不満が種継暗殺を引き起こしたとされています。
犯人とされたのは大伴継人(つぐひと)で、真の首謀者はこの時既に亡くなっていた大伴家持(やかもち)だと言われています。

大伴家持は、多くの歌を万葉集に残した有名人で、容姿も端麗で有能官僚だったようです。
彼は、平城京の旧勢力の有力な1人で最後まで桓武天皇に抵抗を続けていたと言われています。
家持はまた、かつての東宮大夫(とうぐうだゆう)でした。
東宮大夫とは、皇太子の世話役の中の最高責任者です。
この時の皇太子は桓武天皇が次期天皇に指名していた弟の早良(さわら)親王でした。
そのため桓武天皇は自分の弟・早良親王に疑いの目を向けたのです。
そしてやがて早良親王は流罪となってしまいます。
早良親王に与えられた刑はとても残酷なものでした。
親王は幽閉されたのち、食と水を絶たれ餓死してしまいます。
皇太子の身分だった早良親王に対してこれほど残酷な刑が下されたことは当時とても衝撃的な出来事でした。 
そして、このことが平安京遷都の決定的な契機となります。

早良親王が亡くなってから、桓武天皇の周りでは沢山の不幸が連続して続きます。
中でも桓武天皇にとってショックが大きかったのは、母・高野新笠(にいがさ)と正妻・藤原乙牟漏(おとむろの)の死です。
これは、早良親王が非業の死を遂げたことへの祟(たた)りだとされました。
早良親王の祟りを鎮めるため、鎮魂の儀式が行われ、早良親王には崇道(すどう)天皇と天皇号が与えられ特別に祀られました。
即位したことがなかった皇太子に対して死後、天皇号を与えることはかなり異例の扱いです。
弟の怨霊を恐れた桓武天皇は早良親王の怨念が残る長岡京から再びの遷都を決断します。
その結果794年、桓武天皇は長岡京から平安京へ遷都します。
これが学校で習った「鳴くよ(794)ウグイス平安京」ですね。

1人の人間の怨念が、国を大きく動かしたのです。
京都の歴史はこうして始まったのです。
平安京遷都に際して早良親王の怨霊は切っても切れないものです。
実の兄に凄惨な仕打ちを受けた早良親王。
その祟りが平安京遷都を決定づけ、以後明治維新まで1200年の都になるのです。

京都は奈良の都からみて山の裏側だったので、山代(やましろ)とか山背(やましろ)と呼ばれていました。
山城と改称したのは、桓武天皇が平安京を築いた時だったのです。
山の裏側の田舎が都の中心である城に変わった革命的な出来事だったと言えるでしょう。


いかがでしたか?

京都は日本人の知識と教養の宝庫です。
これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。
__________________________________

■■編集後記■■

お楽しみ頂けましたでしょうか?
私は当然、京都の魅力をお伝えしていてとても楽しいのですが、より多くの方達に共感して頂けたら嬉しく思います。

知識や教養は何の変哲も無い日常生活に彩りを与え、人生をより豊かで実りあるものにしてくれます。
京都の魅力に興味を持ち、日本そのものを深く知ることで自分を見つめ直すことが出来ます。
そして、親や祖先を敬い、母国に感謝する気持ちが深まるきっかけになれば幸いです。
また日本人とし国際社会で誇りを持って活躍するために欠くことの出来ない教養だと考えています。
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎回京都の興味深い、楽しいネタをお伝えします。
京都観光が数倍楽しくなるような、皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!       
___________________________________

メールマガジン「おもしろい京都案内」

☆発行責任者:英学 (はなぶさ がく)
☆問い合わせ:gakuhanabusa@yahoo.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668803.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック