京都駅周辺の観光スポット

☆★☆───────────────────────────────
おもしろい京都案内
─────────────────────────────第91号

こんにちは。
発行人の英学(はなぶさ がく)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。


今回は、出張やちょっと通りがかったといった時でもほんの数時間あれば行けてしまう京都駅周辺の有名な場所をご案内します。
意外なことに京都駅の近くにはとても有名な名所が数多く点在するので通りすがりでも楽しめてしまうこと間違いありません。
今回はそんな誰もが知る名所をいくつかご紹介します。


「おもしろい京都案内」のバックナンバーはこちらのブログからどうぞ↓
http://gakuhanabusa1.seesaa.net


英語を独学で身につけたい方、海外に行かなくても英語を習得したい方はこちらをどうぞ!↓
メルマガ「毎朝一文!便利な英語表現」(8年以上平日毎日配信しています。)
英語そのものは毎日一文だけしか紹介していませんが、編集後記で色々と思いついたことを徒然に書いています。

ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。↓
■■■毎朝一文!便利な英語表現■■■
http://www.mag2.com/m/0000268046.html


■■今日のテーマ■■

京都駅周辺の観光スポット
______________________________

早速参りましょう!
まずは京都が誇る新旧のランドマークからご紹介します。
五重塔で有名な東寺とロウソクと勘違いされている京都タワーです。


■東寺

正式には、教王護国寺(きょうおうごこくじ)です。
京都駅から歩いて15分ほどの場所にあります。
国宝でもあり京都のシンボルでもある五重塔は現存する最も高い木造建築で高さ55メートルもあります。
現在の塔は5代目で江戸時代3代将軍徳川家光が再建したものです。
東寺は京都に都が移された794年に、桓武天皇が国家を守るために建てた国のお寺、官寺です。
その後、弘法大師・空海が密教を広める時に中心的な役割を担った場所でもあります。
そのため今でも、空海の月命日である21日は弘法市が開かれます。
毎月21日は「弘法さん」と言われ、東寺境内には沢山の露店が出ます。
主に骨董や古着、屋台などが所せましと並び多くの人で賑わいます。
京都の方たちは遠方から帰ってくる時、電車の窓から東寺の五重塔が見えると「ホッ」とすると言いますよね。

【所在地】京都府京都市南区九条町1番地
【アクセス】JR京都駅(八条口)徒歩15分、東寺近鉄駅徒歩約10分
【拝観時間】8:00~17:00
【定休日】なし
【料金】大人 800円/子供 500円
【問い合わせ】 075-691-3325

・東寺(教王護国寺)世界文化遺産
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/429645694.html


■京都タワー

京都駅中央出口目の前にそびえ立つ京都タワーもまた京都のシンボルの一つです。
1964年に当時の京都市の人口が131万人だったので、高さを131メートルにしたようです。
地上100mの展望台からは京都の街並みを見下ろすことができます。
8月の「五山の送り火」の5つ全ての文字を同時に見ることが出来るのはここからだけだそうです。
近年では京都駅構内にあるホテルグランビアの上層階からもみえるようですが。。
そのぐらい京都には高い建物が制限されていて遠方まで見渡せる場所が他にあまりないということです。
また、あまり知られていませんが地下には温泉施設もあります。
このお風呂、朝7時にオープンするので夜行バスで京都に着く観光客や地元の早朝ランナーの間では人気なんだとか。
もちろん夜の夜景も楽しめるので京都観光の締めくくりにもいいかもしれません。

【所在地】京都府京都市下京区東塩小路町721-1
【アクセス】京都駅中央出口徒歩3分
【営業時間】展望室 9:00~21:00
      大浴場 7:00~20:30
【定休日】なし
【料金】展望室 大人 770円/高校生 620円/小中学生 520円/幼児 150円
    大浴場 大人 750円/子供 450円


■西本願寺

京都駅から徒歩15分ほどの場所にある西本願寺は、世界文化遺産にも登録され、国宝・重要文化財などの宝庫と言われています。
浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺に現在の地を与えたのは豊臣秀吉です。
秀吉の死後、西本願寺の宗派が分裂し、徳川家康が土地を与え造らせたのが、浄土真宗大谷派の本山・東本願寺です。
関ヶ原の戦いから2年後の1602年、家康は本願寺が豊臣家と一緒に抵抗することを恐れました。
元々燻っていた本願寺の内部分裂を利用し、現在の東本願寺を建てたと言われています。
本願寺は、戦国時代から権力者すらも脅かす強大な勢力を持っていたので、家康としては弱体化しておきたかったのでしょう。
西本願寺と東本願寺をよく比べてみて下さい。
使用されている柱の素材や畳の向き、門の形状などそれぞれ異なります。
パッと見た感じだと、どちらも広大な敷地に荘厳な建築物が建っていて似ていますが、実は異なるものの方が多いのに気づきます。
お立ち寄りの際は国宝の唐門(日暮門)や美しい日本庭園などの見どころを満載して下さい。

【所在地】京都市下京区堀川通花屋町下ル
【アクセス】京都駅烏丸口徒歩約15分
【営業時間】5:30~17:30(季節により変動あり)
【定休日】なし
【料金】無料
【問い合わせ】075‐371‐5181

・西本願寺「お西さん:世界文化遺産」
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/433850133.html


■東本願寺

西本願寺は秀吉との結びつきから絢爛豪華さを垣間見ることが出来ますが、東本願寺はわびさびの美しさを感じることでしょう。
御影堂、阿弥陀堂などの尊大な建築物のほかに、宝物を展示するギャラリーも見逃せません。

【所在地】京都府京都市下京区 烏丸通七条上る常葉町754
【アクセス】京都駅中央出口徒歩約7分
【営業時間】3~10月 5:50~17:30
      11~2月 6:20~16:30
【定休日】なし
【料金】無料
【問い合わせ】 075-371-9181

・東本願寺「お東さん」
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/433739224.html
・「お西さん」と「お東さん」
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/442334897.html


■渉成園

梅と紅葉の名所として知られる庭園で有名な癒しのスポットです。
東本願寺が有する渉成園は、1653年に三代将軍・徳川家光によって造られた池泉回遊式庭園を有する東本願寺の別院です。
春は梅や桜、夏は菖蒲、秋には紅葉に彩られる美しい庭園が有名で、昔から地元の人達にも親しまれてきました。
平安時代、光源氏のモデルとなった源融(みなもとのとおる)の邸宅跡・六条河原院だったとされています。
百人一首にも登場する河原左大臣こそが源融です。
以外にも京都駅の側に源氏物語ゆかりの地、百人一首ゆかりの地があるのです。

【所在地】京都府京都市 下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町
【アクセス】京都駅中央出口徒歩約10分
【営業時間】9:00~17:00
【定休日】なし
【料金】大人 500円/子供 250円
【問い合わせ】 075-371-9210


■伏見稲荷大社

皆さんも朱色の鳥居が続く「千本鳥居」の風景を、ご覧になられたことがあるでしょう。
京都駅からJR奈良線で2駅(約5分)乗って伏見稲荷駅で下車するとすぐ目の前に大鳥居がそびえます。
伏見稲荷大社は、全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮です。
起源は711年と伝わるので、京都に都が移される以前に創建された歴史の古い由緒ある神社です。
豪族の秦伊呂具(はたのいろぐ)が稲荷山の三ヶ峰(さんがみね)に三柱の神を祀ったのがはじまりと言われています。
千本鳥居のほかにも、楼門や、国の重要文化財にも指定されている本殿、白狐(びゃっこ)像などが見所です。
時間に余裕があり、体力に自信がある方は、稲荷山の山頂を目指す「お山めぐり」を試してみてはいかがでしょうか。
神様が降臨したと伝わる場所なので一度目指してみることをお勧めします。
本殿から山頂(一ノ峰)まで約2kmの道のりをぜひ楽しんでみて下さい。

【所在地】京都府京都市伏見区深草藪之内町68
【アクセス】JR奈良線徒歩約すぐ
【拝観時間】自由
【定休日】なし
【料金】無料
【問い合わせ】075-641-7331


■東福寺

京都駅からJR奈良線で一駅のところにあるのは禅寺で有名な東福寺です。
伏見稲荷大社からだと京都駅方面に約20分歩くと見えてきます。
日本最古・最大級の伽藍で有名な東福寺には中でも現存する日本最古のトイレがあります。
そして、京都でも屈指の新緑(青もみじ)・紅葉の名所です。
境内には約2,000本のカエデが植えられ、例年11月下旬~12月上旬の紅葉シーズンには絶景を拝むことが出来ます。
「通天橋」から眺めるカエデは一生に一度は見たい光景に入るぐらいの美しさです。
日本最古、最大級の伽藍を堪能した後は、美しい本坊庭園など歴史ある建造物を見物することをお勧めします。

【所在地】京都府京都市東山区本町15丁目778
【アクセス】JR奈良線・京阪本線東福寺駅徒歩約10分
【拝観時間】9:00~16:30
【定休日】なし
【料金】大人 400円/子供 300円
【問い合わせ】 075-561-0087

・東福寺 京都五山第4位
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/433687619.html


■角屋もてなしの文化美術館

現存する江戸時代の揚屋(あげや)で、現在は内部を美術館として開放しています。
建物自体が重要文化財に指定されている他、与謝蕪村の「紅白梅図屏風」など美しい日本画の数々を見学できます。

【所在地】京都府京都市下京区西新屋敷揚屋町32
【アクセス】京都駅烏丸口徒歩約20分
      丹波口駅徒歩約7分
【営業時間】10:00~16:00(春季:3/15~7/18、秋季:9/15~12/15)
【定休日】月曜日(祝日の場合は開館、翌日代替休)
7/19~9/14、12/16~3/14
【料金】大人 1000円/中・高生800円/小学生500円
【問い合わせ】 075-351-0024

・角屋もてなしの文化美術館
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/449234133.html
・大夫が活躍した花街・島原
http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/449129035.html


いかがでしたか?

京都は日本人の知識と教養の宝庫です。
これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。
__________________________________

■■編集後記■■

お楽しみ頂けましたでしょうか?
私は当然、京都の魅力をお伝えしていてとても楽しいのですが、より多くの方達に共感して頂けたら嬉しく思います。

知識や教養は何の変哲も無い日常生活に彩りを与え、人生をより豊かで実りあるものにしてくれます。
京都の魅力に興味を持ち、日本そのものを深く知ることで自分を見つめ直すことが出来ます。
そして、親や祖先を敬い、母国に感謝する気持ちが深まるきっかけになれば幸いです。
また日本人とし国際社会で誇りを持って活躍するために欠くことの出来ない教養だと考えています。
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎回京都の興味深い、楽しいネタをお伝えします。
京都観光が数倍楽しくなるような、皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!       
___________________________________

メールマガジン「おもしろい京都案内」

☆発行責任者:英学 (はなぶさ がく)
☆問い合わせ:gakuhanabusa@yahoo.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668803.html

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック