大夫が活躍した花街・島原

☆★☆───────────────────────────────
おもしろい京都案内
─────────────────────────────第83号

こんにちは。
発行人の英学(はなぶさ がく)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。


前回、前々回と仏像の話が続きましたので、今回は対極にある俗の世界を少しご紹介しましょう。
京都に受け継がれる花街の歴史とゆかりの場所の1つ、島原です。
正確には西新屋敷という京都の中心地からやや西に位置する花街で大夫が活躍していた場所です。
今回は当時の面影を今に伝える島原をご紹介します。


「おもしろい京都案内」のバックナンバーはこちらのブログからどうぞ↓
http://gakuhanabusa1.seesaa.net


英語を独学で身につけたい方、海外に行かなくても英語を習得したい方はこちらをどうぞ!↓
メルマガ「毎朝一文!便利な英語表現」(8年間平日毎日配信しています。)
英語そのものは毎日一文だけしか紹介していませんが、編集後記で私が独学で英語を身に着けた経験やその後外資系金融機関で18年間外国人に混じって勤務した経験で感じた事などを記しています。

ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。↓
■■■毎朝一文!便利な英語表現■■■
http://www.mag2.com/m/0000268046.html



■■今日のテーマ■■

大夫が活躍した花街・島原
______________________________

京都を代表するイメージの1つに花見小路や祇園白川の石畳を行き交う舞妓さんや芸鼓さんの姿があります。
京都の花であり、妖艶な魅力を引き立てています。
京都の舞妓さん、芸鼓さんは5つの花街のどこかに所属しています。
祇園甲部、宮川町、先斗町、祇園東、上七軒の五花街です。
上七軒だけは北野天満宮の近くと少し離れた場所にありますが、それ以外の花街は四条大橋を東西に挟んだエリアに点在しています。
これらの花街は秀吉の時代に始まったと伝えられていますのでもう400年以上の歴史があります。
江戸時代に栄えた江戸の吉原とは異なり、京都ならではの独自の形態を保ちながら発展してきました。
京都の花街はかつて五花街以外にもう一ヶ所ありました。

それが今日ご紹介する島原という花街です。
この場所は何度か移転を繰り返し、今では西新屋敷という場所に落ち着きました。
島原はかつて幕府から三度移転を強いられ、現在地に引っ越してきたと伝わります。
その時の慌ただしい移転の様子が、その数年前に起きた島原の乱を思わせたことから「島原」と呼ばれるようになったそうです。
江戸時代初期、17世紀前半の話です。

こちらは主に皇族や貴族を中心にもてなした花街で、当時女性に与えられた最高の位・大夫を授けられた者が活躍した街です。
今でも大夫は存在するものの、ほんの1,2名ほどです。

島原の置屋兼お茶屋に輪違屋(わちがいや)があります。
創業1688年、320年以上の歴史を誇り、今も営業を続ける島原唯一の置屋です。
輪違屋には今も大夫が在籍しています。
お茶屋は揚屋(あげや)のような場所とは違い、直接料理はせずに、仕出し屋などから取り寄せをして宴会を行う場所です。
かつて島原で栄えたもてなしの文化を今に伝える揚屋「角屋(すみや)」をご紹介しましょう。


角屋もてなしの文化美術館

島原には揚屋と置屋が存在します。
文化サロンのような宴会場を揚屋といい、揚屋に大夫を派遣するのが置屋といった感じです。
皇族や貴族たちの宴席に立ち会うために、大夫は読み書き以外にも文学や和歌、胡弓など楽器などに精通し高い教養が求められました。
揚屋は江戸の吉原では江戸時代になくなってしまったようですが、京都の島原では大型の宴会場へと栄えていきました。
揚屋の特徴は宴会の出来る大きな座敷、日本庭園、茶席、庫裏(くり)が備わっていることです。
客人を招いて宴会を催し、庭園にある茶席で茶会が出来て、それを賄える台所が備わっている屋敷です。
揚屋と呼ばれるのは、一階を台所や居住部分とし、2階を主たる座敷にしたからです。
お客様を2階へ揚げることから揚屋と呼ぶようになったそうです。
角屋は現存する唯一の揚屋建築として、現在はもてなしの文化美術館として見学出来ます。

角屋の1階の表座敷からは日本庭園を見渡すことが出来ます。
その一部の枯山水白砂の庭園には、龍が臥せたように作られた臥龍松(がりゅうまつ)や離れの茶室があります。
この表座敷には多くの文人墨客が訪れたと伝わり、新撰組を始め、西郷隆盛、坂本竜馬なども通っていたといいます。

角屋の真骨頂は2階の座敷にあります。
もてなしの館なだけに、揚屋の2階はとても豪華です。
2階の「翠簾(みす)の間」や「青貝の間」のほか6部屋あります。
ガイドの説明を聞きながら見学するのですが、見るもの全てが豪華絢爛で溜息が出るほどです。

京都に行って雨が降ってしまったりして、行こうと思っていたところにいけない時などはこのような場所を訪れてみて下さい。
雨が降っていても屋内ですし、詳しく色々な事を教えてくれるのでとても勉強になります。
是非皆様も一度足を運んでみて下さい。


角屋もてなしの文化美術館

開館時間: 午前10時~午後4時
休館日: 月曜日(祝日の場合翌日)
入館料: 一般1000円、中・高生800円、小学生500円

(2階の特別公開料金を除く)
※2階の特別公開の座敷は、事前にお電話予約が必要です。

電話番号: 075-351-0024 (午前10時~午後5時)
入場料の他に別途料金が必要。大人800円、中・高生600円
2階特別公開 案内時間(約30分)


いかがでしたか?

京都は日本人の知識と教養の宝庫です。
これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。
__________________________________

■■編集後記■■

お楽しみ頂けましたでしょうか?
私は当然、京都の魅力をお伝えしていてとても楽しいのですが、より多くの方達に共感して頂けたら嬉しく思います。

知識や教養は何の変哲も無い日常生活に彩りを与え、人生をより豊かで実りあるものにしてくれます。
京都の魅力に興味を持ち、日本そのものを深く知ることで自分を見つめ直すことが出来ます。
そして、親や祖先を敬い、母国に感謝する気持ちが深まるきっかけになれば幸いです。
また日本人とし国際社会で誇りを持って活躍するために欠くことの出来ない教養だと考えています。
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎回京都の興味深い、楽しいネタをお伝えします。
京都観光が数倍楽しくなるような、皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!       
___________________________________

メールマガジン「おもしろい京都案内」

☆発行責任者:英学 (はなぶさ がく)
☆問い合わせ:gakuhanabusa@yahoo.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668803.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449129035

この記事へのトラックバック