仏像の見分け方:如来と菩薩

☆★☆───────────────────────────────
おもしろい京都案内
─────────────────────────────第81号

こんにちは。
発行人の英学(はなぶさ がく)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。


薬師如来、地蔵菩薩、大黒天など仏像の種類って沢山ありますよね。
その違いが分かると京都のお寺に行ったときに、より興味が湧くことでしょう。
今回は如来と菩薩の違いを分かりやすくご案内します。


「おもしろい京都案内」のバックナンバーはこちらのブログからどうぞ↓
http://gakuhanabusa1.seesaa.net


英語を独学で身につけたい方、海外に行かなくても英語を習得したい方はこちらをどうぞ!↓
メルマガ「毎朝一文!便利な英語表現」(8年間平日毎日配信しています。)
英語そのものは毎日一文だけしか紹介していませんが、編集後記で私が独学で英語を身に着けた経験やその後外資系金融機関で18年間外国人に混じって勤務した経験で感じた事などを記しています。

ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。↓
■■■毎朝一文!便利な英語表現■■■
http://www.mag2.com/m/0000268046.html



■■今日のテーマ■■

仏像の見分け方:如来と菩薩
______________________________

この二つだけでも分かれば、お寺周りがとても楽しくなります。

■身分の違い

身分の違いは、簡単です。
如来は、悟りを開いた人(ブッダ)です。
菩薩は、悟りを開く前でまだ修行中の身です。
修行中とはいってもすでに観音菩薩や地蔵菩薩といった有名な名前の菩薩は来世で釈迦になれることが決まっているとされています。
将来の如来候補なので、菩薩はすでに人間の救済を行っているのです。


■見た目の違い

如来

如来のモデルは、釈迦が悟りを開いた姿です。
如来の見分け方は簡単です。

まず、螺髪(らほつ)=(大仏のパンチパーマ)があります。
悟りを開くと、髪の毛がパンチパーマみたいになるようです。笑
一つ一つが智恵の多さを表しています。
服装はいたってシンプルで、装飾はつけていません。
着ているのは、インドの僧侶が身につけている法衣です。
手に何かを持ったり、馬や象などの動物に乗ったり、鬼などを踏みつけていたりする姿はありません。
薬師如来が、薬壺(やっこ)という薬の壺を持っていることと、大日如来が宝冠をつけていることだけが例外です。


菩薩

菩薩は、修行中の釈迦の姿です。
悟りのため修行をしながら、人々の救済をし、如来の補佐をしています。
やることが沢山あってとても忙しいのです。
菩薩の特徴としてはアクセサリーなどを色々つけています。(地蔵菩薩は例外です。)
これらは、如来には絶対に無い特徴です。
手が何本もあったり、顔がいくつもあるものは、明王や天に属する仏像の中にもあります。
ただ明王は、憤怒の表情をしています。
大黒天など天に属する者は、怒りの表情を持つものが多く存在します。
これに対して、菩薩で怒りの表情を持つものはありません。

仏像には如来や菩薩以外にも、不動明王や毘沙門天などがいます。
実は仏像は、基本的に如来、菩薩、明王、天などに分類されます。
分類するとたったの4種類しかないのです。
だいぶすっきりしませんか?

まず如来は悟りを開いた仏で人々を苦しみから救う 釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来、薬師如来などが代表的なものです。
菩薩は、修行中(悟りは開いていない)の身で人々を救う 観世音菩薩、地蔵菩薩、文殊菩薩、普賢菩薩、弥勒菩薩などです。
明王は、大日如来の化身の姿で、煩悩に怒りを表す 不動明王、愛染明王などがいます。
天は、仏教を守護するもので、インドの宗教(バラモン教)が仏教に取り入れたものです。
帝釈天、梵天、多聞天、大黒天などの四天王が存在します。
その他どれにも属さないものの例としては、釈迦の十大弟子、達磨、阿修羅など八部衆、七福神で有名な寿老人、福禄寿などがいます。

仏像はその姿形を見ると造られた時代背景が読み取れます。
もちろん仏師の作風によってもことなります。
平安時代の定朝(じょうちょう)と鎌倉時代の運慶や快慶の作風にも時代の違い以上のものを感じるものです。

文明が発展し、これほど近代化した社会にあっても尚、おびただしい数の仏像が大切に保存されています。
日本人の心のよりどころとして、大切に受け継がれてきた偶像崇拝の歴史を今に伝えています。
始めは怖いイメージがありましたが、色々な姿をした仏像を見るにつれ、いにしえの人々の苦悩や救済の想いが伺えます。
平和な現代の日本に生まれただけでもとても恵まれていることを改めて感じずにはいられません。


いかがでしたか?

京都は日本人の知識と教養の宝庫です。
これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。
__________________________________

■■編集後記■■

お楽しみ頂けましたでしょうか?
私は当然、京都の魅力をお伝えしていてとても楽しいのですが、より多くの方達に共感して頂けたら嬉しく思います。

知識や教養は何の変哲も無い日常生活に彩りを与え、人生をより豊かで実りあるものにしてくれます。
京都の魅力に興味を持ち、日本そのものを深く知ることで自分を見つめ直すことが出来ます。
そして、親や祖先を敬い、母国に感謝する気持ちが深まるきっかけになれば幸いです。
また日本人とし国際社会で誇りを持って活躍するために欠くことの出来ない教養だと考えています。
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

毎回京都の興味深い、楽しいネタをお伝えします。
京都観光が数倍楽しくなるような、皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪
では、また来週お会いしましょう!!       
___________________________________

メールマガジン「おもしろい京都案内」

☆発行責任者:英学 (はなぶさ がく)
☆問い合わせ:gakuhanabusa@yahoo.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668803.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448754659

この記事へのトラックバック