平安神宮の紅しだれ桜 明治の文豪が絶賛したその魅力

☆★☆───────────────────────────────

おもしろい京都案内

─────────────────────────────第80号


こんにちは。

発行人の英学(はなぶさ がく)です。

拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。



今回は明治時代の文豪も絶賛した平安神宮の紅しだれ桜の魅力をお伝えします。

この桜は昼間観るのもいいですが、野外で生演奏を聴きながらの夜桜見物を是非オススメします。

今回もブログページで写真を用意しておりますのでそちらもお楽しみ下さい。



「おもしろい京都案内」のバックナンバーはこちらのブログからどうぞ↓

http://gakuhanabusa1.seesaa.net



英語を独学で身につけたい方、海外に行かなくても英語を習得したい方はこちらをどうぞ!↓

メルマガ「毎朝一文!便利な英語表現」(8年間平日毎日配信しています。)

英語そのものは毎日一文だけしか紹介していませんが、編集後記で私が独学で英語を身に着けた経験やその後外資系金融機関で18年間外国人に混じって勤務した経験で感じた事などを記しています。


ご興味がある方はご覧になってみて下さいね。↓

■■■毎朝一文!便利な英語表現■■■

http://www.mag2.com/m/0000268046.html




■■今日のテーマ■■


平安神宮の紅しだれ桜 明治の文豪が絶賛したその魅力

______________________________


桜を観に平安神宮を訪れたことがあるでしょうか?

平安神宮の桜は紅しだれ桜で有名です。

例年ソメイヨシノよりやや遅れて4月中旬に見頃を迎えます。

平安神宮というと玉砂利が敷き詰められた広々とした場所を思い描く方も多いでしょう。

応天門という門をくぐって広がるその景色は周りを塀で囲まれたとても広い場所です。

しかし、その塀の裏側にはさらに広い庭園が広がっているのを知っている方はあまりいないのではないでしょうか?


琵琶湖疏水の水を引き入れた池泉回遊式庭園はとても有名で、春の紅しだれ桜のライトアップと野外コンサートは一興の価値があります。

庭園は明治初期に造園業「植治」7代目の作庭家、小川治兵衛(じへい)が20年かけて築いた最高傑作です。

京都では知る人ぞ知る作庭家を擁する造園業の家柄で、当代11代目が家業を受け継いでいます。


平安神宮は江戸から明治に時代が移り変わる時代に首都が東京に遷った後に創建されました。

東京遷都で京都の街は荒廃し、活気もなくなりました。

再び京都に活気を取り戻すために平安神宮が建てられ、しだれ桜を植え、華やかな命をも注ぎ込み、見る者を圧倒させたのです。


DDCFDDF0-9A3C-41F1-BDF7-DE143CF23D8D.jpgF34DD0D5-B7B0-41BD-9B36-0800432BDF2C.jpg6AB136D3-056E-4DC5-9215-AFB7D32CAEA4.jpgA030E8D4-76D5-425C-A634-841D71710FFD.jpg57019C7A-EC0A-4C58-ACD8-80F8E75ED6C4.jpg


その桜は当時書かれた文学作品の中にもその美しい姿が描写されています。

谷崎潤一郎の「細雪」、川端康成の「古都」の中にその描写があります。

「細雪」の主人公たちは、花見だけは毎年京都と決めていて、春になると連れ立って行くのが恒例の行事になっています。

あちこちの花の名所を回り、いつも最後をしめくくるのが、平安神宮の神苑のしだれ桜でした。

その中で谷崎潤一郎は以下のような描写をしています。↓


「この神苑の花が洛中における最も美しい、最も見事な花であるからで、円山公園のしだれ桜がすでに年老い、年々に色あせていく今日では、まことにここの花をおいて京落の春を代表するものはないといってよい。」


川端康成の「古都」の中での描写は谷崎が「細雪」で書いた文章をそのまま引用しています。↓


「みごとなのは、神苑をいろどる、紅しだれ桜の群れである。今はまことに、ここの花をおいて、京落の春を代表するものはないと言ってよい。」


自然美の描写を得意とし、その文学的な素晴らしさを評価されノーベル文学賞を受賞した川端康成が絶賛する紅しだれ桜の美しさは今も健在です。


平安神宮は平安遷都1100年を記念し、1895(明治28)年に創建されました。

平安神宮の社殿は平安時代、桓武天皇が都を遷都した当時の平安京の正庁・朝堂院が8分の5の規模で再現されています。

社殿の周囲は約1万坪の日本庭園が取り囲んでいて春は紅しだれ桜が美しく咲き誇ります。


06BAF27C-62B4-494F-B7A4-563D34A7E7F5.jpg7EFE7110-17E5-460A-888F-D9F07029FA2E.jpgA1F2406F-B230-4F9A-B75F-BE544C61C105.jpg


毎年10月22日に行われる京都三大祭の一つ・時代祭は平安神宮の例祭です。

南神苑へ入るとすぐに、空を覆いつくす程の圧倒的な光景に目を奪われます。

夜はライトアップのイベントを実施。

これは他では見ることが出来ない最高の光景です。

紅しだれ桜は普通の桜より色が濃く、ライトアップに照らされると更に雰囲気を増すのが特徴です。

夜桜見物でこれほど感動することはないので、是非観に行くことをお勧めします。



平安神宮 紅しだれコンサート2017

開催期間:2016年4月6日(木)~4月9日(日)

時間: 18:15~21:00(最終入場は20:30・雨天決行)

料金: 2000円(前売1700円) ※前売券は入場日指定 ※小学生以上有料

内容: 南神苑と東神苑の紅しだれ桜のライトアップと、東神苑貴賓館をステージでは日替わりで音楽が演奏されています。

http://www.kyoto-np.co.jp/kp/kyo_np/info/moyoosi/2017benishidare/(公式ホームページ)

おまけ↓


京都の春を告げる「をどり」

祇園甲部「都をどり」(4月1日~30日)

http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/436301595.html

宮川町「京おどり」

http://gakuhanabusa1.seesaa.net/article/436624504.html




いかがでしたか?


京都は日本人の知識と教養の宝庫です。

これからもそのほんの一部でも皆さまにお伝え出来ればと思っています。

__________________________________


■■編集後記■■


お楽しみ頂けましたでしょうか?

私は当然、京都の魅力をお伝えしていてとても楽しいのですが、より多くの方達に共感して頂けたら嬉しく思います。


知識や教養は何の変哲も無い日常生活に彩りを与え、人生をより豊かで実りあるものにしてくれます。

京都の魅力に興味を持ち、日本そのものを深く知ることで自分を見つめ直すことが出来ます。

そして、親や祖先を敬い、母国に感謝する気持ちが深まるきっかけになれば幸いです。

また日本人とし国際社会で誇りを持って活躍するために欠くことの出来ない教養だと考えています。

___________________________________


最後までお読みいただき、ありがとうございました。


毎回京都の興味深い、楽しいネタをお伝えします。

京都観光が数倍楽しくなるような、皆さんに役立つ情報を提供できればと思っています。


ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡くださいね♪

では、また来週お会いしましょう!!

___________________________________


メールマガジン「おもしろい京都案内」


☆発行責任者:英学 (はなぶさ がく)

☆問い合わせ:gakuhanabusa@yahoo.co.jp

☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001668803.html

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448564192

この記事へのトラックバック