五重塔に秘められた物語

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第103号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 京都のランドマークと言えば何と言っても代表的なのは五重塔でしょう。 京都駅の近くにもありま…

続きを読む

京都のきつねうどん

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第102号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 京都で麺類と言えば、ラーメンかうどんというイメージでしょうか。 学生の人口密度が日本一高い…

続きを読む

弁慶の人となり

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第101号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 今回は謎多き弁慶の伝説の一つに迫ります。 「弁慶の泣き所」ならぬ「弁慶の人となり」などにも…

続きを読む

京町家の謎と魅力

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第100号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 京都の街を歩くと、趣き深い町家の風景に出会うことができます。 細長い敷地に建てられた京町家…

続きを読む

白足袋族

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第99号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 東京にはかつて「ヒルズ族」という人達がもてはやされました。 今でも六本木ヒルズなどに住んでい…

続きを読む

綺麗さび

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第98号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 前回は室町文化をご紹介する中で茶道についてお伝えしました。 今回は室町時代に千利休によっ…

続きを読む

北山文化と東山文化

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第97号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 京都が誇る金閣寺と銀閣寺に代表される室町文化。 その二つの建物を象徴する文化をそれぞれ北山文…

続きを読む

祇園祭の魅力

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第96号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 京都の7月は祇園祭一色です。 7月1日の切符入から始まり31日の茅の輪くぐりで幕を閉じます。 …

続きを読む

能と狂言

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第95号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 今回は能と狂言の違いについて簡単にご説明します。 歌舞伎との比較も面白いですが、能と狂言のほうが…

続きを読む

京都の通り名

☆★☆─────────────────────────────── おもしろい京都案内 ─────────────────────────────第93号 こんにちは。 発行人の英学(はなぶさ がく)です。 拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが宜しくお願いします。 今回は京都の地理についてです。 と言っても難しい話ではなく、中心地の通り名のお話です。 京都の…

続きを読む